En:courageの紹介

En:courageの代表

代表のプロフィール

婚活コンサルタント。

1988年生まれ大学卒業後、某大手メーカーで技術職として設計業務やプロジェクトマネジメントを行ってきました。
大学は男性ばかり、職場も男性ばかりという環境で将来に危機感を持ち、26歳の頃に婚活開始を決意。

数年間は婚活に人生を捧げ、婚活パーティーで現在の奥さんと出会い結婚しました。

結婚後は、自身の婚活経験からSNS上の悩める男女に婚活のアドバイスを行っています。
多くの人に喜んでもらえたことに喜びを覚え、結婚相談所En:courageを設立しました。

自身の婚活や、インターネット上で経験した男女のマッチング事例、成婚事例を分析し、再現可能な婚活手法を編み出し皆さんに提供しています。

代表の想い

昔から日本では「いい歳して結婚できないなんて情けない」という風潮がありました。
今でも私達の親世代はそういった事を子供に言う人もいます。
確かに、昔はそうだったかもしれません。

近所の世話焼きおばさんがいて、適齢期の方がいるとお見合いを組んであげる。
社内でいい感じの男女がいれば周りも何とかくっ付けようとお節介してあげる。

近年の婚活事情はどうでしょうか?ネットが発達したから結婚相手の選択肢が増えたという思い込みがあるのではないでしょうか?
「紹介しなくても、自分で探せるよね!」
「私達の頃より簡単に出会えるのに何で結婚できないの?」

こんな形で本来ならお節介してくれるはずの上の世代が何もしなくなってしまいました。

上記で申し上げたお節介な事って、今はそんなのありませんよね?
親世代は、下の面倒を見ようともしませんよね?

そのくせ「結婚出来ないのは世間体が悪い」「早く孫の顔が見たい」と結婚出来ない人を責めたてます。
自分たちは良い思いをして、下に何もGiveしなければこうなりますよ。

そりゃ、何もしなくても結婚できる人たちはいますよ。
でも、日本では一生懸命勉強し、仕事をし、やっと次は結婚だと思い始めた瞬間に社会からはじき出してしまうんです。
こんなこといつまでもやっていたら、皆が悩んでいる少子化の解決なんてできないですよ。

こんな世の中、さっさと終わりにしたい。
人生を歩む上で結婚が当たり前にできるように手助けしたい。
En:courageはこんな想いから設立されました。

En:courageについて

概要

組織名代表者住所電話番号メールアドレス営業時間
結婚相談所 En:courage宮下 宏光381-2215長野市稲里町中氷鉋(出張型サービス)080-8117-2154encorage.nagano@gmail.com平日:20:00〜22:00
土日祝:9:00〜18:00

名前の由来

En:courage(エンカレッジ)は英語でEncourageという言葉から作った造語です。
Encourageを辞書で調べると「勇気づける」「励ます」という意味です。
異性にどうも積極的になれない人を勇気づけ、残念にもフラれてしまった人を励まし成婚まで導きたい。
代表の願いから名前を付けました。

[no_toc]